防ごう!B型肝炎

B型肝炎という病気をご存知でしょうか。
これは、肝炎ウイルスと呼ばれるものに感染した状態であり、本来切り取っても再生するほどの丈夫な臓器である肝臓が冒されてしまいます。
最終的には肝硬変や肝がんなどの病気になってしまいます。


肝炎のウイルスはA型かたE型の5種類がありますが、B型肝炎は国内最大級の感染症であると言われているのです。
B型肝炎は、血液、または母子、性行為からの感染があります。
輸血、注射器や注射針の共用、感染者との性行為、感染者から生まれた子供がキャリアになってしまうことがあります。
自覚症状が無い場合もあるため、十分な注意が必要となります。


B型肝炎は血液検査によって感染しているかどうかが分かります。
前述の通り、この病気は自覚症状が出ない場合もあるため。
感染するような行為をした時には検査する必要性が出てきます。
そうでなくとも、放置していると危険性が増す感染症であるため、定期的な検査も必要となります。


ただし、この病気は咳やくしゃみなどから感染するような病気ではないため、ある程度きちんとしたことを守っていれば感染することはありません。
予防法としては、他の人の血液に触れないようにすることや、感染しているとわかっている人との性行為を避けるといったことが挙げられます。


このサイトでは、B型肝炎の予防法と検査法について更に詳しく紹介します。
一度感染してしまうと、治療が困難になることもあるため、出来る限り感染は避けたいものです。
このサイトを参考に、少しでも正しいB型肝炎の知識を身につけて欲しいものです。


▽Special Link
B型肝炎には条件を満たせば国から給付金を受け取れる制度があります。こちらは弁護士が無料で相談に乗ってくれるサイトです ⇒ B型肝炎 給付金

Copyright © 2014 B型肝炎検査と予防 All Rights Reserved.